スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々木希 サントリー「ラッキーサイダー」CMのメイキング 

■ワンカット撮影でCGなしの手の込んだCMです。
メイキング映像と併せて見て、わかったことを書きました。


サントリー「ラッキーサイダー」CM

『ラッキーの歌』篇
出演:佐々木希
使用曲:ラッキーの歌(オリジナル)
ダンス指導:振付稼業air:man
オンエア開始日:2009年4月7日



■サントリー公式サイトでCM動画(15秒)、メイキング映像(3分3秒)、
CM使用曲の歌詞が見られます。

サントリー ラッキーサイダー CMギャラリー(Flash版)
サントリー ラッキーサイダー CMギャラリー(HTML版)

(上記のページは歌詞が英語で、下記のページはカタカナで書かれています)
サントリーCMワールド「ラッキーサイダー」


■YouTubeに同様の動画がUPされていました。
サントリー「ラッキーサイダー」CM『ラッキーの歌』篇(15秒)
『ラッキーの歌』篇 メイキング(3分4秒)

(YouTube動画へのリンクです。別窓で開きます。
動画の内容は上記の「サントリーCMギャラリー」と同じです)


■前回の記事の、
映像大好き - なんとCGではなく実写-【初音ミク】EX-GIRL【手作りPV】
「EX-GIRL」PV作者のミロさんがブログで紹介されていた、
サントリー「ラッキーサイダー」のCMです。

15秒の間に背景のセットがどんどん変化していき、衣装の早替えもありますが、
最初から最後までワンカット(編集なし)で撮影されています。
手作り感を演出したカラフルな色使いのセットや、
その中で動き回る佐々木希ちゃんがとてもかわいいCMです。



手に持っていたバッグはいつ消えた?
佐々木希ちゃんが途中まで持っていた白いバッグが、最後にはなくなっています。

ラッキーサイダーCM『ラッキーの歌』篇より
上:YouTube動画の0分8秒
下:0分11秒


ラストのピンクの衣装+決めポーズでバッグを持っていたらちょっと変なので、
途中でバッグをどこかに置いたのでしょう。
バッグはいつの間に画面から消えたのでしょうか。



ここでした!
ラッキーサイダーCM『ラッキーの歌』篇より
(YouTube動画の0分9秒)

バッグから手を離して下に落としていました。
(画像がわかりにくいですが、両腕は斜め上に広げています)


■メイキング映像の中の、棒の付いた布のようなものを手に持ちながら
床にかがんでいるスタッフ(2名)は何をしているのだろう?と思ったのですが、
この時床に落ちるバッグを布で受け止めていたのですね。

(画面右下の2人です)
『ラッキーの歌』篇メイキング映像より

足元に居る2人
2人を拡大

落ちたバッグが佐々木希ちゃんの足元に転がらないためでしょうか。



■CMのラストで、手作り工作っぽく作られたカラフルな虹のセットが
佐々木希ちゃんの背後に下りてきます。
ラッキーサイダーCM『ラッキーの歌』篇より

CMでは虹のセットがふわりと落下してきてドン、と着地しているように見えますが、
メイキング映像ではこのセットが床に落ちる際に
「ドゴン!!」という重そうな音がスタジオに響き渡っています。
CMを見た時はそんなに重量のあるセットだと思わなかったので驚きました。

完成CMと、撮影時の音が聴こえるメイキングとでは
映像から受ける印象がだいぶちがいます。
完成CMはカラフルな絵本を見ているかのようです。
ポップで軽やかで非現実的な映像に見えます。
メイキング映像からは緊張感が伝わってきます。


■メイキング映像からテロップを一部引用します。

CGを使わない一発撮りのCM
その撮影には入念な準備が必要になります。
むずかしい撮影を成功させるため、シミュレーションを繰り返します。

ラッキーガール役の佐々木希さん。
歌と踊りを練習中。
あまりのスピードに混乱気味?
素晴らしいカンの良さ。動きはバッチリそうです。
そこへ監督から、さらなる指示。キビシイ?

いよいよ本番。スタジオに緊張が走ります。

佐々木希「気持ちはいけるんだけど、体がついていかない…。」

監督「最後はヨレてもいいから、なんとか踏ん張る!」

(略)

5時間、26回目にしてようやくOKが出ました。
(引用終わり)




■15秒間ワンカットでこれだけ動き回り、一つ一つのポーズをしっかりと決めるのは
相当難しいことなのではないかと思います。

一つ一つの動作が大きく、次の動作に移る時にもたついてしまいそうな
振り付けですが、佐々木希ちゃんの動きは各ポーズがそれぞれくっきりしていて
前の動作を引きずっていません。

それでいて、最後に衣装を脱ぎながら画面奥に向かって走って
振り向くところは、ドタバタした感じが出ていてかわいいです。


5時間、26回目にしてようやくOKが出ました。



まったく疲れを感じさせないCMに仕上がっていてすごいと思いました。



佐々木希ちゃんに赤い花を捧げて求愛する役の男性

出番が終わり、場面転換するため急いで去って行く男性の
後頭部が映っているのがまた味があっていいですね。
ラッキーサイダーCM『ラッキーの歌』篇より
(YouTube動画の0分8秒、画面向かって左の黒い部分)



動く撮影カメラがかっこいい
メイキング映像にこのCMを撮影しているカメラが映っています。
『ラッキーの歌』篇メイキング映像より

アームの先にカメラが付いている(?)ような形をしています。

レールに乗せられたカメラは被写体を追って画面左方向に移動。
それと同時にアームも動き、微妙にカメラの角度を変えたり
カメラを一気に上昇させたりしています。
このアームはどこかから人の手によってリアルタイムで動かしているのでしょうか?
それとも、何度でもまったく同じ動きができるように
プログラムしてあるのでしょうか?(わかりません…)


■最初にこのCMを見た時は、佐々木希ちゃんの動きがくっきりはっきりしていて
疲れが見えない上に、セットがあまりにも次々と展開するので、
カメラと佐々木希ちゃんの間を雲が横切って一瞬佐々木希ちゃんの姿が
見えなくなる部分で、実はカットを割っているんじゃないかな?
と思ってしまいました。すみません。そうではありませんでした。

これだけ人物や画面の中に動きがあるのに、ワンカットで
撮影しているなんてすごいCMだと思います。

そして佐々木希ちゃんの表情がかわいいです。
とても楽しいCMです。



(2009年5月7日追記)
撮影カメラについて、コメント欄でmojoさんに教えていただきました!
この記事のコメント欄をぜひご覧ください。

このCMの撮影に使われているカメラのアームは、「MILO」(マイロ)という
モーションコントロールカメラだそうです。
「モーションコントロールカメラ」は、プログラムでカメラを何度でも
ぴったり同じに動かすことができるシステムの総称です。
「MILO」は日本に3台しかない高価なアームだそうです。

モーション・コントロール・カメラ - Wikipedia


モーションコントロールカメラ「MILO」(マイロ)
画像:モーションコントロールカメラ「MILO」
株式会社IMAGICA公式サイトより)



■メイキング映像に映っている撮影カメラのアームと、株式会社IMAGICAが所有する
「MILO」のアームとを比較すると、間違いなく同じものだとわかります。
特徴的なアームの形が一緒ですね。

『ラッキーの歌』篇メイキング映像より
モーションコントロールカメラ「MILO」(マイロ)
上:ラッキーサイダーCM『ラッキーの歌』篇 メイキング映像より
下:株式会社IMAGICA公式サイトより、モーションコントロールカメラ「MILO」


(下は元の画像の一部を切り抜いて回転させています)
元の画像はこちらです。
カタログダウンロード - 株式会社IMAGICA



MILO紹介/機能紹介 - 株式会社IMAGICA
日本に3台しか存在しない「MILO」のうち一つを所有する会社です。
MILOのレンタルをしています。

Mark Roberts Motion Control
モーションコントロール「MILO」のメーカーサイトです。リンク先は英語です。


■メイキング映像にはMILOのアームの先のほうしか映っていませんが、
全体はとても大きな物のようです。

MILOスペック - 株式会社IMAGICA
(大きさ、最高可動速度、搭載可能カメラなどが書かれています)

「MILO」の重量は約710kg。
「MILOロングアーム」の重量は約1tだそうです。
ラッキーサイダーCM『ラッキーの歌』篇の撮影に使われているのは
恐らく710kgのほうのMILOではないかと思います。



こちらの映画の撮影では「MILOロングアーム」が使われています。

事例紹介『20世紀少年<第2章> 最後の希望』 - 株式会社IMAGICA
より、
ロケ地に置かれたMILOロングアームの写真

巨大ですね!
(画像手前の金髪の男性は堤幸彦監督)



「MILO(マイロ)」の価格
MILOの価格は約6000万円、レンタル料金は1日90万円だそうです。

dof(depth of field)
のバックナンバー「vol.0/2003年11月創刊記念号」に、
「MILO」についての記述がありました。

「NHKスペシャル」メイキング - dof
の4ページ目、
モーションコントロールカメラ「MILO」 - dof
より以下引用です。

日本には3台があり、1台がここ本庄TAO常設、1台がIMAGICAで、もう1台は以前沖縄TAOにあったが、現在は引上げられて東京の倉庫で眠っているらしい。
ちなみにイマジカの一般的なレンタル費用は、基本機材とテクニカルオペレーター3名、輸送費、セッティングを合わせた基本料金が1日あたり90万円という事だ。
(引用終わり)



Interview:MILOオペレーション - dof
より以下引用です。

稲葉 貞則|株式会社IMAGICA特撮グループ

dof :価格は幾らぐらいするものなのですか?

稲葉:本体ベースが約6000万ぐらいだと思います。
(引用終わり)



(上記リンク先のインタビューでは、MILOの使用方法や
MILOが使われた作品について触れられています)



■CM『ラッキーの歌』篇のメイキング映像を見て初めて、
ラストで衣装を脱いでからピンクの衣装で決めポーズをする部分に掛けて
カメラが上昇していることを知りました。
映像にまったくブレがないので、CMを見てカメラが大きく動いていることに気付きませんでした。

ブレのないハイスピードの映像を作りたい時はMILOの本領発揮です。


MILO紹介/機能紹介 - 株式会社IMAGICAより)

MILOが使われていたために、不思議な安定感のある映像だったんだ!と
知ることができました。
コメントをくださったmojoさん、どうもありがとうございました。


拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。

スポンサーサイト

なんとCGではなく実写-【初音ミク】EX-GIRL【手作りPV】 

ボーカロイドの「初音ミク」「鏡音リン」が歌うオリジナル曲に合わせて
ミロさんが手作りされた、コマ撮りアニメによるプロモーションビデオがすごいです。

「紙を一枚一枚撮影し、それを繋げて動画にしている」(livedoorニュースより)のだそうです。


ミロさん作、初音ミク「EX-GIRL」PV (1分29秒)
(動画発表:2008年12月29日)
ミロさん作「EX-GIRL」PVより

【初音ミク】EX-GIRL【手作りPV】 - ニコニコ動画
【初音ミク】EX-GIRL【手作りPV】 - YouTube
(どちらの動画も同じ内容です。別窓で開きます)


曲:「EX-GIRL」
作詞・作曲・編曲:くちばしP
歌:初音ミク



曲の初出動画はこちらです
くちばしPさん作
初音ミクオリジナル「EX-GIRL」 - ニコニコ動画 (2007年12月30日発表)

・こちらで歌詞が見られます
初音ミク Wiki - EX-GIRL


(ニコニコ動画の閲覧にはアカウントが必要です)
私は恥ずかしながら使用パソコンがニコニコ動画の推奨環境を満たしておらず、
アカウントを持っていません…(親のおさがりの古いパソコンを延々と使っています…)
ありがたいことにYouTubeにUPされていたのでそちらで見ることができました。
ただ、恐らくニコニコ動画で見たほうが画質が良いのではないかと思います。



livedoor ニュース - 【トレビアン動画】初音ミクの手作りPVに150時間? 2009年01月05日
より以下引用です。

初音ミクの『EX-GIRL(作曲、くちばしP)』にあわせた手作りPVが『ニコニコ動画』で話題になっている。
この動画は、古紙で初音ミクを作りPV風にダンスを踊るというもの。
紙を一枚一枚撮影し、それを繋げて動画にしている、専門用語でいうところの“ストップモーション・アニメーション”だ。
制作は1コマずつ細かく動かす根気のいる作業なだけに費やした時間は150時間(2か月)だという。
(引用終わり)




コマ撮り撮影
「コマ撮り」とは、粘土アニメなどの撮影方法のことです。
静止した被写体を撮影し、さっきより少しだけ動かして静止させた状態でまた撮影し、
また少しだけ動かしては撮影し…という手間の掛かる作業です。

もし普通のアニメと同じコマ数の「1秒間24コマ」で粘土アニメを作ろうとしたら、
10秒間の映像を作るためには上記の作業を240回しなくてはなりません。
「1秒間8コマ」で作ったとしても、1分間の映像を作るためには480回撮影しなくてはなりません。
(ミロさんの作品が1秒間何コマで作られているかはわかりません)


「CGなし」 作り込まれたコマ撮り映像
ミロさんの動画は、紙で作られた初音ミクが、紙のコマ撮りとは信じられないほど
くるくるとなめらかにダンスを踊ります。
「EX-GIRL」PVは今年の元旦に初めて見て衝撃を受け、それ以来何度も見ています。
楽しさとかわいさが凝縮されていて、動画を見ていると1分30秒間が
あっと言う間に過ぎていきます。

動画の後半には屋外ロケの部分が6カットもありました。
これもCG合成ではなく、現地で撮影されたそうです。


メイキング
PV作者のミロさんのブログに、この動画の制作過程が
写真入りで掲載されています。

作者のミロさんのブログ
- 粉でもおいしい -

本当に動画で見た映像そのままです。
屋外や冷蔵庫の中に、紙の初音ミクを立たせて一コマ一コマ撮影されています。


紙っぽくない立体感
初音ミクの動きがとてもなめらかで、またミロさんの描かれるミクに立体感があり、
まるで本当にそこでミクが踊っているかのようです。

YouTube動画の0分46秒、0分52秒、1分7秒、1分10秒で
ミクがくるっと回転するところも、2つに結んだ髪の毛にボリュームと立体感があって
紙に描かれた絵に見えません。
ミクの動きがあまりにもなめらかなため、初めて見た時
実写の背景にCGのミクを合成して作られているのかと思いました。


■作者のミロさんがブログに、
(何百コマも必要なため)「コラージュは、紙媒体をスキャンしてPCで作ってます。」
と書かれています。
そうしてプリントアウトした大量のミクを、一枚一枚カッターで切り抜かれたそうです

先にアニメーションを作り、それを一枚ずつ切り抜き、更にカメラでコマ撮りし…
そんな膨大な作業量によってこんなに楽しい動画が作られているのですね。


■ミクの小さな指がよく見えるよう、模様の付いた部分が
ミクの指先に来るように紙がコラージュされているように見えます。
ミロさん作「EX-GIRL」PVより

細かい所までとても気を配られて作られていると思います。

ミロさんの描かれる初音ミクの表情がとてもかわいいです。



ミロさん作、鏡音リン「どことなくなんとなく」PV (2分57秒)
(動画発表:2009年4月5日)
ミロさん作「どことなくなんとなく」PVより

【鏡音リン】どことなくなんとなく【紙PV】 - ニコニコ動画
【鏡音リン】どことなくなんとなく【紙PV】 - YouTube
(どちらの動画も同じ内容です。別窓で開きます)


曲:「どことなくなんとなく」
作詞・作曲・編曲:キャプテンミライ
歌:鏡音リン



曲の初出動画はこちらです
キャプテンミライさん作
【鏡音リン】どことなくなんとなく【オリジナル曲】 - ニコニコ動画 (2008年4月9日発表)

・こちらで歌詞が見られます
初音ミク Wiki - どことなくなんとなく


【鏡音リン】どことなくなんとなく【紙PV】
こちらも紙コラージュ&コマ撮りによる動画です。

この素晴らしい完成度の高さでありながら、
作者のミロさんがブログで
「アニメの知識がないので口パクなどに手間取りました」
という趣旨のことをおっしゃっていて驚きました。
とてもそう見えません。

「切ない歌詞+明るい曲調」や「明るい曲+切ない映像」
などの組み合わせに弱いのですが、
こちらのPVのちょっと切なさも感じさせる懐かしい曲調と、
かわいくて楽しい映像に涙腺が刺激されました。
ラストの「WO WA なんとなく♪」のところなど、動画のすごさと、曲と、
たくさんのリンや飛行機のかわいさとで涙が出そうになります。



■ミロさんの作品がDVDで発売されたらいいなあ欲しいなあ…、
「EX-GIRL」PVや「どことなくなんとなく」PVをテレビで放送して欲しいなあ…!と思います。
NHKの「みんなのうた」などで放送して欲しいです。

ミロさんのブログで動画の制作過程が見られて嬉しいです。
すごい映像のメイキングが見られると、わくわくしてとても楽しいですよね。


拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。

真木よう子「インテグレート」CMのCG合成 キスの質感の表現 

■2人の真木よう子が向かい合いキスをするカットはCG合成ですが、
キスをする口元のアップは真木よう子とは別人で撮影されています。

資生堂 INTEGRATE(インテグレート)
「ソフトジェリールージュ」CM

「KISS篇」(口づけ篇)
出演:真木よう子
歌:夏木マリ
放送開始日:2009年3月13日~


CM動画はこちらで
資生堂 インテグレート「KISS篇」 30秒バージョン+15秒バージョン(45秒)
(YouTube動画へのリンクです。別窓で開きます)


■真木よう子の綺麗さや、「新感触、ぷるりヘッド」という宣伝文句の語感が印象に残る
ダイヤル式リキッドルージュのCMです。
真木よう子が水面に映った自分の唇にキスをするという内容です。


顔のアップ
資生堂インテグレートCM「KISS篇」

CG合成です。
2人とも真木よう子です。


CG合成の不自然な点
キスをする瞬間、画面向かって左の顔は右側の顔よりやや手前にあるという位置関係のはずですが、
2人の間の奥行きが表現されていないため平面的になっています。
(カメラまでの距離が2人とも同じになってしまっています)

静止画で見るとほとんどわかりませんが、動画では不自然さが目立ちます。

上の画像の1~3枚目の映像は、向かい合って立った2人の人間の周りを
1台のカメラが回り込んで撮影したように見せようとしているのではないかと思います。
ですが実際は、

1.一人の周りをカメラが半円を描きながら回って撮影する
資生堂インテグレートCM「KISS篇」


2.反対側からも同様に撮影する
資生堂インテグレートCM「KISS篇」


3.その2つの映像を合成して左右に並べる
資生堂インテグレートCM「KISS篇」

という方法で作られているため、並べられた人間同士のアングルが合いません。
(カメラの視点が2つあるためパースが合っていません)

2人の周囲をカメラが回り込んでいるのではなく、2人がそれぞれ
その場で回転しているように見えます。
2人の視線が合っておらず、それぞれ違う方向を見つめています。

そのため、この方向に顔を動かしても唇と唇はくっ付かないのに、
なぜかくっ付いている。というだまし絵のようになっています。

(もしかして距離感のつかないような不思議な感じを出すために
わざと上記のように撮影しているのかも知れません)


すごい点
顔を近付けてキスする時の、唇同士が吸い付くような頭部の動きが
表現されていることがすごいと思います。

資生堂インテグレートCM「KISS篇」

顔と顔の画像をただくっ付けただけという無機質な表現にはとどまらず、
軽く唇同士がくっ付いた後、ちゃんと「チュッ」という柔らかい感触が
動きで表現されています。
(YouTube動画の0分12秒の部分です。唇のアップのカットに切り替わる直前です)


「夕刊フジ」公式サイト - ZAKZAK
真木よう子「自分の唇なのにドキッ」セルフキスシーン 2009/03/14
より以下引用です。

スペイン風の中庭をイメージしたセットの中で、真木は水鏡に映った自分の唇にキス。撮影では顔の角度を何度も調節し、情熱的なキスシーンになるようトライしたという。
(引用終わり)



顔の角度、唇の位置、顔を近付けるタイミング、顔をやや傾ける位置とタイミングなどが
画面右と左とでぴったり合っていなくてはキスしているように見えないと思います。
それらがすべて完璧で、ちゃんと唇を重ねているように見えます。

柔らかい感触のキスに見えるようこだわって作られているのが
さすが口紅のCMと思いました。


手は誰のもの?
画面左の真木よう子が、画面右の真木よう子の顔に手を添えています。
画面向かって右の顔に注目してみます。
資生堂インテグレートCM「KISS篇」

この「画面右の顔と、顔に添えられている手」は合成ではありません。
手は画面左の真木よう子の手ではなく、別人のものだと思います。


口元のアップ
資生堂インテグレートCM「KISS篇」

このカットはCG合成なしです。
恐らく2人とも真木よう子とは別人だと思います。


資生堂「インテグレート」のCMはいつも美しいですね。
現在の真木よう子のCMも、以前のアンジェリーナ・ジョリーのCMもとても綺麗でした。


拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。