スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画のオープニングロゴが変わってる!【MGMライオン】 

■1950年代のアメリカ映画を観ていたら、
制作会社のロゴに変更点がありました。


映画会社のシンボルマークムービー

映画本編が始まる前に、制作会社や配給会社のロゴマークが映ります。
数秒~十数秒間の映像です。


代表的なオープニングロゴをいくつか
(現行のものと昔のものが入り混じっています)

松竹(日本)
松竹
松竹

東宝(日本)
東宝

東映(日本)
東映
(「荒磯に波」というタイトルだそうです)

ゴールデン・ハーベスト(香港)
ゴールデン・ハーベスト
動画はこちらで
ゴールデン・ハーベスト オープニングロゴ - YouTube (18秒)

20世紀FOX(アメリカ)
20世紀FOX

パラマウントピクチャーズ(アメリカ)
パラマウントピクチャーズ

ドリームワークス(アメリカ)
ドリームワークス

ユニバーサル・ピクチャーズ(アメリカ)
ユニバーサル・ピクチャーズ

ワーナー・ブラザーズ(アメリカ)
ワーナー・ブラザーズ

MGM(Metro-Goldwyn-Mayer/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)(アメリカ)
MGM
『レオ・ザ・ライオン』(Leo the Lion)
動画はこちらで
MGM オープニングロゴ - YouTube (9秒)



50年前の映画を観ていたら

5月25日NHK BS2放送
『波も涙も暖かい』
(1959年 アメリカ)
監督:フランク・キャプラ
主演:フランク・シナトラ


『波も涙も暖かい』(原題『A HOLE IN THE HEAD』)予告編 - YouTube (2分54秒)

1959年、MGM制作の映画です。
ライオンがガオーと吼えるお馴染みのシンボルマークムービーが
エンディングで流れました。


■エンディングのライオン
「ガオー」
MGM


あれ?なにか見慣れない文字が、


あ!!


URL

URLが書いてある!!


50年前の映画のエンディングに、MGMの公式サイトアドレスが追加されてる!面白い!
丸々作り直しではなく、当時の映像にURLが合成されています。


比較
比較
上:従来の
下:URL付き


■いつからURLが書き加えられたのでしょうか、DVD化の際でしょうか。
配置や文字のデザインが雰囲気に合っていて、
URLが悪目立ちせず画面に溶け込んでいると思います。
最初はURLが合成されていることに気が付きませんでした。

見慣れた古い映像にwebサイトのアドレスが書いてある。
面白くて不思議な感じです。


■MGMのシンボルマークムービーは52年前からリニューアルされておらず
(URL以外)、当時の映像が今も変わらず使われているそうです。

レオ・ザ・ライオン - Wikipedia
によると、このオープニングロゴは1957年から使われ始めた5代目ロゴだそうです。


■少し前にNHK BS2で、同じくMGM制作の
『風と共に去りぬ』(1939年)
『掠奪された七人の花嫁』(1954年)
を観ましたが、その放送時にオープニング&エンディングロゴはあったのか、
あったとしたら何代目が使われていたか、
URLは書き加えられていたか?思い出せません…。



マイナーチェンジを続けるオープニングロゴ映像

パラマウントピクチャーズの新旧ロゴの動画です。

パラマウントピクチャーズ ロゴ(旧) - YouTube (19秒)
パラマウントピクチャーズ ロゴ(現行) - YouTube (17秒)

現在は3DCGに!
・リング状に連なった星が雪山の頭上に掛かる
・背景の色合い
などの印象的なイメージはそのまま残されています。


松竹、東宝、東映の歴代オープニングロゴも
YouTubeにUPされていました。
貴重な白黒映画時代からの変遷が見られて面白いです。

松竹 歴代オープニング - YouTube (1分21秒)
東宝 歴代オープニング - YouTube (2分10秒)
東映 歴代オープニング - YouTube (39秒)


拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。

スポンサーサイト

浅野忠信、宮沢りえ「オトナグリコ」CM 背景のCG合成 

■浅野忠信と宮沢りえの共演部分は実は別撮りで、CG合成されています。
また、浅野忠信のロケ部分のカメラの移動がかっこいいです。


グリコチョコレート 『OTONA GLICO(オトナグリコ)』
「アーモンド プレミオ」
「バンホーテン ディアカカオ」CM

「25年後の磯野家」シリーズ第4弾

『兄妹の今・カツオ篇』(15秒)
出演:
磯野カツオ:浅野忠信
磯野ワカメ:宮沢りえ
放送開始日:2009年5月12日

キャッチコピー「あ、大人になってる。」



■グリコの公式サイトでCM動画が見られます。
オトナグリコCM - グリコ

ストーリー
25年後の磯野家。 - グリコ

■YouTubeにもUPされていました。
オトナグリコ「兄妹の今・カツオ篇」(15秒) - YouTube
(動画の内容はグリコ公式サイトと同じです)


CM内容
サザエさんの25年後を実写化したシリーズCMです。

今作『兄妹の今・カツオ篇』では、プロ野球選手を目指している(?)カツオが、
中島君に「磯野ー。もう諦めたらどうだ」と言われながらも
グラウンドでタイヤを引きずりながら走り込みをしたり、
磯野家の庭で素振りをしたりしています。


CG合成
縁側でチョコを食べるワカメ(宮沢りえ)を背に、
カツオ(浅野忠信)が野球のバットの素振りをするシーン。
このシーンの浅野忠信はCG合成です。
宮沢りえと庭&家のセットを撮影した映像に、
グリーンバックで別撮りされた浅野忠信が合成されています。

(画像:YouTube動画の0分8秒以降)
グリコCM『兄妹の今・カツオ篇』より
グリコCM『兄妹の今・カツオ篇』より
グリコCM『兄妹の今・カツオ篇』より

(連続して1台のカメラで撮影されているのではなく、3つにカットが割られています。
各カットは固定カメラで撮影されているので、CG合成は平面の切り貼りです)

カメラと浅野忠信の間にある茂み(画像1枚目の左下と、
3枚目の画面下)も合成です。
「宮沢りえと家のセット」+「浅野忠信」+「庭の茂み」
がそれぞれ合成で、3枚の映像を重ねた層になっている感じです。


5月12日放送のフジテレビ「めざましテレビ」で、
このCMのメイキング映像を放送していました。

撮影スタジオの中にグリーンバック(合成素材を撮影する際の背景)が置かれ、
その前に立った浅野忠信がバットを素振り。
それを撮影する、という様子を放送していました。



浅野忠信がグラウンドを走るシーンはロケ(合成なし)です。

走る浅野忠信の横顔アップのカット(YouTube動画の0分5秒~6秒)
グリコCM『兄妹の今・カツオ篇』より

猛ダッシュする浅野忠信と一緒にカメラも移動しています。

メイキングを見ると、このカットはグラウンドにレールを敷き、
カメラをレールに乗せて移動させながら撮影していました。
この時の、撮影カメラの移動速度が速いです!
完成CMのように、走る浅野忠信の横顔を常に同じ角度から撮影するためには、
カメラも浅野忠信と同じ速度で移動しなくてはなりません。
カメラ(を移動させる人)も猛ダッシュしていました。

カメラの移動は人力です。
地面の上に真っ直ぐなレールが敷かれ、
レールの上には車輪の付いた台があります。
台の上には、撮影カメラ・カメラマン・カメラを支える人が乗っています。

撮影カメラと2人を乗せた台を移動させる人(2名)
カメラの先を行くようにマイクを持つ人(1名)
マイクの先を行くようにレフ板を持つ人(2名)

が全員で一斉にダッシュしていました。

カメラを乗せた台には取っ手のようなものが付いていて、
カメラを移動させる人はそれを掴んで台を押していました。

カットが掛かって浅野忠信が止まると、台を押して走っていた2人も
ズザー!と勢い良く止まります。
短いカットなので、カメラを移動させる人がダッシュ!すぐさまズザー!
という感じで格好良かったです。
レールはカメラが移動するギリギリまでしか敷かれていませんでした。

このカットをCMで見ると一瞬(1秒強)です。
レール撮影の安定した映像によって、涼しく洗練された印象を受けました。
その一瞬のさらりとしたカットがこんなに熱く撮影されていたとは…。
被写体だけでなく、カメラもこうやって走りながら撮影しているんだ!と
わかってとても面白かったです。


■以前の記事では、
映像大好き - 「25年後の磯野家」瑛太・小栗旬のグリコCM 背景のCG合成
「25年後の磯野家」シリーズ第3弾『仕事&屋台篇』(2008年11月放送)
の背景のCG合成について書いています。


拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。

インテル「セントリーノ」CM サッカーボールのCGがすごい 

■実写映像にCGのボールを合成して作られたCMです。
CGのボールの回転する動きがとても自然だと思います。


インテル「Centrino 2」CM

『リフティング篇』
ダンス振り付け:振付稼業air:man
放送開始日:2009年3月7日

インテルCM『リフティング篇』


■インテル公式サイトでCM動画が見られます。
リフティング篇(15秒) - インテル CMギャラリー

■YouTubeにもUPされていました。
インテル Centrino2 CM リフィティング篇 - YouTube
(動画の内容はインテルCMギャラリーと同じです)


♪セントリーノ セントリーノ セントリーノ
僕はいろいろできるーの
♪セントリーノ セントリーノ セントリーノ
もっと自由にできるーの インテル♪


という男性の歌声に合わせて、鳥の着ぐるみを着た子供が
サッカーボールをリフティングするCMです。


■このCMの撮影方法が、2009年5月12日の朝日新聞に載っていました。
以下要約です。

CMを担当するインテルダイレクト・マーケティング部マネージャーの秋山いずみさんの話

・CM『リフティング篇』は、ボールのCG画像と、鳥の着ぐるみを着た男の子の実写映像を合成したもの。

・鳥の着ぐるみの中に入っているのは、ダンススクールに通う小学生の男の子。

・男の子は完成後の映像のイメージに合わせて、ボールを想像しながら、リフティングをしているように演技をしている。

・重い着ぐるみを着てあの軽快な動きをこなすことは、それ自体が大変で、かなりの練習をして本番に臨んだ。

・撮影は東京都内の学校の校庭で行われた。



この文章を読んだ時、
えっあのボール…CG!?
と思いインテル公式サイトでCM動画を見てみると、

ほんとだCGだ!(ボールの動きが速い&硬い)

実物のボールの動きはもう少し遅く、ふわっと軽やかに見えるように思います。

参考動画:
C・ロナウド リフティングムービー - YouTube (2分32秒)
(効果音とBGMが流れますので音量にご注意ください)

神業リフティング - YouTube (2分50秒)


■このCM『リフティング篇』は、CGのボールがとても自然な動きをしています。
ボールの上昇・落下などの、全体の軌跡はCG的かも知れません。
けれど膝でリフティングしている時(CM動画の0分8秒)のボールの回転方向や
回転リズムなどは、CGとは思えないようなリアリティがあります。

特にサッカーボールは模様が付いているので、
卓球などの無地のボールとちがいボールが回転する様子がはっきり見えます。
そんなサッカーボールのCGに、実写のような動きを付けるのは
難しいことだと思います(アニメ的になってしまいそうです)。
どうやってこのボールのリアルなモーションを作ったのでしょうか。


■『リフティング篇』のサッカーボールの動きのちょっと不自然な部分は、

・全体に硬く、速度が均等

・青い服を着た男の子が
「鳥の少年にボールをパスする→一瞬ボールがフレームアウトする」
時のボールに重量感がない

・動画の0分11秒で、背中に乗せるためボールを高く蹴り上げる直前に
つま先で蹴った時のボールの動きが不自然

くらいで、他は男の子の演技が上手いこととCGのボールの回転が自然なことで、
とても自然な映像に仕上がっていると思います。


■ラスト近くの「高く蹴り上げる直前に、つま先で軽く蹴った時のボールの動き」
は、本当は蹴ったボールがもう少し高く上がるであろうところを
低い位置で留めているので、一瞬ボールが止まっているように見えます。
インテルCM『リフティング篇』
(画像:動画の0分11秒)

次に高く蹴り上げる動作へと移る鳥の男の子の動きのタイミングと、
ボールが足元に落ちてくるタイミングを合わせるため、
ボールの上がる高さを不自然に低くせざるを得なかったのだと思います。

先に撮影された実写映像の動きはもう変えられないので、
実写に合わせて、且つ矛盾のない動きをボールに付けることは
難しいのだと思います。


■鳥役の男の子がすごいです。
実際にリフティングもできる少年なのでしょうか?
このCMが本当にリフティングをしているように見える大きな要因は、
ボールの存在を感じさせる少年の演技ではないかと思います。

ラストでボールを背中に乗せるところなど、
本当にボールを体で受け止めているように見えます。


■上記のYouTubeのほうのCM動画は、私の低スペックパソコンのせいか
微妙にコマ落ちして見えていることに、ボールを見て気付きました。
実写部分の動きは自然に見え、コマ落ちしていることに気付きませんでした。
ところがCGで作られたボールは、微妙なコマ落ちによって
CG独特の動きの硬さ(ブレのなさ)が強調されて見えます。

CGのボールの回転が規則的なため、コマ落ちによって
同じ向きのボールの模様ばかり再生されてしまい
不自然さが際立つのかも知れません。
コマ落ちがパソコンのせいかどうか不確かなので、
できればインテル公式サイトのCM動画をご覧になることをお勧めしたいです。
こちらは低スペックのパソコンでもコマ落ちなしで見えました。


■このCMの撮影が行われたルーテル学院大学(東京都三鷹市)のサイトに
撮影風景の写真がUPされていました。
本学撮影のCM放送中!2009/04/06 - ルーテル学院大学

リンク先の、写真手前の青い服を着た後姿の方は、ダンス指導の
「振付稼業air:man」の方ではないかと思います。


拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。

本仮屋ユイカ「南アルプスの天然水」CM ロケは代役?本人? 

■スタジオ撮影の部分は本仮屋ユイカ本人ですが、
ロケのシーンは代役で撮影されているようにも見えます。
(本人か代役かはわかりませんでした)


サントリー「天然水 南アルプス」CM

『山に祈る』篇
出演:本仮屋ユイカ
歌:麻衣
オンエア開始日:2009年4月14日



サントリー公式サイトでCM動画が見られます
サントリー天然水 - サントリーCM情報
の中の、
サントリー天然水(南アルプス)『山に祈る』篇 - サントリーCM情報
(15秒バージョン、30秒バージョン)

CM使用曲などの情報が載っているページです
天然水南アルプス - サントリーCMワールド


CM中に流れる歌声
歌声の主「麻衣」さんは、久石譲さんの娘さんです。



15秒バージョンについて書きたいと思います。
(15秒と30秒バージョンとでCM内容がちがいます。出演者は同じです)

CMの舞台は屋外ですが、ロケの他にスタジオで撮影されている部分があります。


ロケ(合成なし)
南アルプスの天然水CM『山に祈る』篇
南アルプスの天然水CM『山に祈る』篇
上:CM動画の0分1秒
下:0分7秒


スタジオ撮影(背景はCG合成)
南アルプスの天然水CM『山に祈る』篇
南アルプスの天然水CM『山に祈る』篇
上:0分4秒
下:0分9秒


■屋外で撮影されたカットには本仮屋ユイカの顔が映っていません。
ロケで俳優さんの顔が映っていない場合、代役で撮影されていることが
あるように思います。

以前の記事の、
映像大好き - 木村拓哉「日清カップヌードル」CM どの部分がCG合成か図解
こちらのカップヌードルCMの1カット目と11カット目の、海の遠景に小さく映る人物
(画像ではほとんど見えませんが…)が代役だと思います。

フジテレビのドラマ「ラスト・フレンズ」(2008年放送)の最終回で
上野樹里瑛太が海辺にテントを張って話すシーンでは、
実際に海辺でロケをしているのは上野樹里だけでした。
(瑛太の顔が映るのは、テントをバックに顔がアップになる時のみで、
海を背景にして瑛太の後姿が映るカットは代役で撮影されていました)


ですが、この「天然水」CMの女性の後姿が本仮屋ユイカと別人かどうかは
わかりませんでした。
30秒バージョンでは、雨の中を走るシーン(ロケ)でほとんど顔が映らないにも
関わらず、本仮屋ユイカ本人で撮影されているように見えます。
だとすると15秒バージョンの後姿も本人かも知れません。
本人だとしたら女優さんの贅沢な使い方!と思います。


拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。

追記しました(撮影カメラについて) 

前回の記事に追記しました。

映像大好き - 佐々木希 サントリー「ラッキーサイダー」CMのメイキング

撮影カメラについて、コメント欄で教えていただきました。
このCMの撮影に使用されたカメラ(のアーム)は、
なんと日本に3台しかないそうです。


拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。