スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「25年後の磯野家」瑛太・小栗旬のグリコCM 背景のCG合成 

グリコチョコレート『OTONA GLICO(オトナグリコ)』
「アーモンドプレミオ」「ディアカカオ」CM

「25年後の磯野家」
出演
カツオ:浅野忠信
ワカメ:宮沢りえ
タラちゃん:瑛太
イクラちゃん:小栗旬


「サザエさん」の25年後を実写で描いたグリコのCMです。
瑛太と小栗旬の背後に見える景色が、上手くCG合成されていることについて書きたいと思います。


■11月18日の民放各局の芸能ニュースで、「25年後の磯野家」シリーズの
「仕事&屋台篇」(出演:瑛太、小栗旬)
「テスト篇」(出演:浅野忠信、宮沢りえ)
のメイキングが放送されました。


25年後の磯野家 「仕事&屋台篇」(30秒)
(YouTube動画へのリンクです。別窓で開きます)

・イクラちゃん(小栗旬)の自宅
・タラちゃん(瑛太)の営むたこ焼き屋の屋台(ワゴン車)
・公園

の3つの場面から成るCMですが、一見ロケのように見えるたこ焼き屋と公園の場面は、なんとすべてスタジオ撮影でした。

テレビで放送されたメイキングは、
撮影スタジオの中の、グリーンバック(合成素材を撮影する際の背景)の前に置いてあるたこ焼き屋のワゴン車。そこで演技する小栗旬と瑛太
スタジオ内に作られた公園のセットの中で演技する小栗旬と瑛太
です。その2シーンがスタジオ撮影ということを前提にCMを見てわかったことを書きます。


小栗旬(中央の人影)は画像の場所で撮影されていません。
小栗旬
中央の人影が小栗旬です。歩き方と背格好から見て本人だと思います。
このカットのメイキングは放送されませんでしたが、これは夜の街の映像に、スタジオで撮影された小栗旬を合成しているように見えます。



画面を明るくしてみると
小栗旬
(クリックで拡大します)
画面を明るくすると小栗旬だけ周りと質感・照明の当たり方がちがい、画面から浮いているのがわかります。



背景の合成
小栗旬
小栗旬の後ろに見える景色は後から合成されています。
「小栗旬・屋台ののれん・『たこ焼』の提灯」がスタジオ撮影です。
背後の景色は恐らく屋外で撮影されたものでしょう。



瑛太
瑛太の右肩越しに見える「窓の外の景色」がCG合成です。
(CGで作った映像を合成しているという意味でなく、実写と実写を合成するのにCGを使っているという意味でCG合成と書きました)



瑛太
画面を明るくしてみると、瑛太がスタジオで撮影されたことがわかります。スタジオの強い照明を受けて体の輪郭や質感がくっきりはっきりしています。
夜のシーンですが、スタジオで強い照明を当てて撮影した後、画面処理で背景に合わせて瑛太を暗くしているのだと思います。



公園のセット
公園のセット
スタジオの中に公園のセットが作られていました。公園のセットの後ろにはグリーンバックがありました。



景色の合成
街の明かり
瑛太の頭の後ろや、画面右上できらめく車のライトなどの街の明かりは後から合成されています。(まったく違和感ありません。すごいです)
合成された街の明かりも実写だと思います。
公園のセットの後ろのグリーンバックは、街の明かりを合成するために置かれていたのですね。



■よく見ると確かに背景はCG合成されています。
しかし、合成の目立つたこ焼き屋台での3カットはそれぞれ1秒ほどしか映らないので、流れるCMを普通に見たら背景合成には気付かないかも知れません。
1カットが長く映ると合成の不自然さが見えてしまうので、ドラマなどには向かない手法だと思います。
短い1カットに手間を掛けられるCMならではの表現かも知れません。


関連記事:
映像大好き - 浅野忠信、宮沢りえ「オトナグリコ」CM 背景のCG合成
(「25年後の磯野家」シリーズ第4弾
『兄妹の今・カツオ篇』(2009年5月放送)について書いています)

最後になってしまいましたが、拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。















管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://eizoulog.blog87.fc2.com/tb.php/21-2effb2b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。