スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石家さんま「ジョージア」CM カット割りの面白さ 

■何の特別な演出もCG合成もされていないのに、
明石家さんまが突然パッと部屋の中に出現したように見えます。

日本コカ・コーラ
缶コーヒー「GEORGIA」(ジョージア)CM
『家族』篇
出演:明石家さんま
放映:2009年1月~


CM動画はこちらで
(YouTube動画へのリンクです。別窓で開きます)
ジョージア「上出来人生劇場」明石家さんまver.(30秒)

ジョージアCM(上記CMのメイキング映像)


CM内容:
会社員の男性が仕事を終え帰宅すると、家では奥さんと小さな子供が寝ています。

「寝てるか…」

男性がソファに座って一人で缶コーヒーを開けると、突然男性の隣に缶コーヒーの化身(明石家さんま)が現れて、
「ええなあ家族は。例え先に寝てようとも、毎晩娘の顔見られるだけでも幸せやないかい。一人の夜は寂しいぞぉ」
と励ましてきます。

さんま「そのうち娘のほうが遅くなんねんけどねヒャー(引き笑)」

それでも嬉しそうな顔の男性。
テロップ「人生、なんだか上出来。」

というCMです。


■このCM、完成CMより先に、メイキングの放送を昨年見たんです。
メイキングでは明石家さんまがソファに座って男性に話し掛けたり笑ったりするところを見せていました。

どうやら、部屋の中に明石家さんまが突然現れるという内容らしい。
明石家さんまが現れるシーンはどのような映像表現をするのかな、と気になりました。
部屋の中に明石家さんまがパッと現れる様子をCGを使って描くのだろうと思っていました。

ところが完成したCMを見ると、体が徐々に現れるとか、何もない場所にパッと現れるといったCG合成を一切使っていません

ジョージア「家族篇」

単にカットが切り替わって明石家さんまが普通に映るというだけなのに、突然現れたように見えます。
余計な加工を一切せずとてもシンプル。それでいて突然現れたことがよくわかる。すごい!と思いました。

ドラマの会話シーンなどで普通に使われるカット割りですよね。
AさんとBさんが会話していて、Aさんの顔のアップになり、次はBさんの顔のアップになる、なんてよく見掛けます。
それがこのCMでは、Aさん(サラリーマン)を映し、次にBさん(明石家さんま)を映しただけで、Bさん(明石家さんま)がいきなり出現したように見える
カット割りって面白いですね。CGを使わなくても、色々な表現が出来るんですね。


明石家さんまの体の周りにCGで一瞬青いもやを掛けることで、「突然現れた」ことを丁寧に説明していますが、
もし青いもやが掛からなくても明石家さんまが突然現れたように見えるでしょう。
ブルーのスーツに蝶ネクタイという明石家さんまの非日常的な服装と、サラリーマン役の男性の驚く演技が加わってパッと現れたように見えるのだと思います。

映像って面白いと改めて思うCMでした。


CMの最後のカットのみ、明石家さんまがCG合成です。
メイキングのラストにグリーンバックで撮影する様子がちらっと映っています。
背景(部屋とサラリーマン)の映像に、グリーンバックで撮影した明石家さんまを貼り付けて作られています。

ジョージア「家族篇」
画像1枚目:合成カットの撮影を終えた明石家さんま(メイキングより)
2枚目:合成前(メイキングより)
3枚目:画像2枚目に背景を合成したもの(完成CMより)

背景と明石家さんまとでカメラに対する角度、カメラまでの距離、質感、色合い、照明などがちがっていて、さんまさんだけ画面から浮いています。

さんまさんも奥の男性も商品を手に持っているので、別々に撮影したのは両者にピントを合わせるためでしょうか。

缶コーヒーの化身が突然現れる場面はCG合成でなく、なんでもないカットがCG合成というのは面白いですね。
カット割りの効果とCG合成を、それぞれ無駄なく上手く使っているCMだと思います。



(2009年3月20日追記)
最後のカットの明石家さんまがCG合成だった理由がわかりました。

■上記のCM『家族』篇は、「ジョージア 上出来人生劇場」シリーズの
明石家さんま出演バージョン第一弾でした。
2009年3月現在、明石家さんまバージョン第二弾『仲間』篇が放送されています。

CM動画はこちらで
ジョージア 上出来人生劇場 『仲間』篇(30秒)
(YouTube動画へのリンクです。別窓で開きます)


第一弾『家族』篇、第二弾『仲間』篇 比較
クリックで拡大します。
ジョージアCM「家族篇」「仲間篇」より

画像上:『家族』篇 ラストカット
画像下:『仲間』篇 ラストカット

一度撮影した明石家さんまの映像を使い回しています

ラストカットの明石家さんまが合成素材として別撮りされていたのは、
シリーズを通して毎回合成して使用するためだったようです。


拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。















管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://eizoulog.blog87.fc2.com/tb.php/34-067b4dcb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。