スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大塚寧々「アットローン」CM 背景のCG合成と透明感 

■スタジオ撮影にも関わらず、自然光を受けたような明るさと透明感の表現が
とても上手いCMだと思います。


三井住友銀行グループ アットローンCM
「気を使う」篇
出演:大塚寧々、中村靖日(なかむら やすひ)
現在放送中



CM内容:
大塚寧々扮する会社員の女性。
書類に目を通しながら後輩の男性会社員(中村靖日)に向かって、

「ダメ、それじゃダメ」

と「ダメ」を連呼します。


男性「どこがですか?」

大塚寧々「ダメダメ。絶対ダメ!」


仕事についてのダメ出しかと思いきや、

大塚寧々「お昼はちゃんと食べなきゃダメ。はい!野菜スープ」


というCMです。


■アットローンのサイトでCM動画が見られます。
【アットローン】CF紹介
(「気を使う」篇 15秒バージョン、30秒バージョン)


アットローンCM「気を使う」篇

・大塚寧々が映るラストカット(画像)
・その直前の、大塚寧々と中村靖日がテーブルで向かい合って食事しているカット


は実写の背景がCGで合成されています。


【大塚寧々が映るラストカット(画像)】
の大塚寧々

【大塚寧々と中村靖日がテーブルで向かい合って食事しているカット】
の「大塚寧々、中村靖日、2人が使っているテーブルと椅子」

は、グリーンバック(合成素材を撮影する際の背景)を置いたスタジオで撮影され、
別に撮影された背景(建物・食事する人々)と合成していると思います。


■特筆すべきはスタジオ撮影された部分(大塚寧々他)の透明感ではないかと思います。
背景の「ガラス張りのビルの明るい食堂」との光量が見事に一致しています。

グリーンバックで別撮りされた人物は、別撮りだということをわかりにくくするため
くすんだ感じ、ぼやけた感じに加工されていることが多いように思います。
ところがこのCMは、大塚寧々他、合成部分にパキっとした明るさが出ています。
それでいて背景から人物が浮いていません。


■合成が不自然に見えないようにするため、
手前の人物(大塚寧々他)の接地面が映らないように撮影されています。

接地面…地面と接する靴底の部分。テーブルの足の、床と接する部分など。

背景合成の接地面について、こちらの記事の真ん中辺りと後半で触れています。
映像大好き - 木村拓哉「日清カップヌードル」CM どの部分がCG合成か図解


■前回更新から間が空いてしまいました。
ブログを見てくださった方、拍手を押してくださった方、どうもありがとうございました。















管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://eizoulog.blog87.fc2.com/tb.php/40-c79b3443

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。